不動産についてつぶやいてます

住みやすいデザイン住宅

デザイン住宅は外観をはじめ、間取りやインテリア、部屋の空間の構成など、住む人が済みやすい環境を構築できる建物です。
大きな特徴としては、他にはない済む人のオリジナリティが溢れるデザインをすることができるので、最近では注目を集めているようです。
さらに、建築素材にもこだわり、心地よい住空間を作ることができるのが特徴です。
デザインテイストはかなり多くの種類があり、和風スタイルやモダンスタイル、北欧スタイルなどに人気があります。
モダンスタイルは建物全体の形がシンプルで、外壁の色も白やグレーなど落ち着いた色が使われる場合が多く、木の部分などはあえて塗装せずに木の模様を生かしたデザインが好まれているようで、コンクリートの部分も打ちっぱなしで使われることも多いようです。
和風デザインは昔ながらの和風スタイルが基本となりますが、現代的な作りを取り入れることでより住みやすい空間になっている場合も多くあるようです。
最近では北欧のデザインにも人気があり、暖色系の暖かみのある色をベースにすることで日照時間の少ない地域の北欧の建物の雰囲気を作っています。
デザイン住宅の注意点は、独創性の強いデザインにとらわれ過ぎて快適さが失われることですが、特にインテリアはあまり複雑にしてしまうとメンテナンスが困難になるので、あくまでもシンプルさを損なわない配慮が重要となるでしょう。
デザイン住宅を構想するときに重要なことは、済む人がどのような家を建てたいか、暮らしのベースとなる空間をどのような作りにするかをデザインを考慮した上で考えることが大切になるでしょう。
そして、雑誌などを参考にして多くのデザインを見ることで、自分の理想に近いイメージのものを探し、参考にするのが良い方法となります。
また、建物のイメージを写真などで建築家にできるだけ明確に伝えることが重要で、細部まで納得がいくまで意見交換をしてプランを立てていくのが大切になるでしょう。